【デザイン持ち込みリフォーム】ハチとリボンのブローチ「①打ち合わせ編」

【魔法にかかるジュエリー】プリンス&プリンセスの夢を形にする
クリエイティブディレクターの田中オリエ(@anne_li_gatou)です。

 

今回は先日お納めさせていただいた

デザインお持ち込みのブローチをご紹介♡

ちょっとながくなりますので、シリーズ化いたします。

 

初回は「打ち合わせ編」
今後 「空枠編」「完成編」とつづきます♡

 

まずは完成品がこちら♡

image

 

ハチとリボンをモチーフにしたブローチ兼ペンダント♡

 

石はリフォームでお持ち込みになった

オパール、ルビー、ダイヤモンド♡

すっごい素敵なのができました〜!!

 

 

 

 

 

こちらをご依頼いただいたお客様。

ご自身も実はジュエリーデザイナー。

図面もデザイン画もかける方なのです♡

 

 

 

実はデザインお持ち込みでのご依頼も多いのですよ♡

 

 

もちろん、デザイナーでない方でも「こんなイメージ」というものを
イラストでご用意いただく方もいらっしゃいます(^^)

 

 

 

 

そういったお持ち込みのデザイン画を

 

「実際に身につけられて作れる形」
「お持ち込みいただいたデザインがより引き立つ形」

 

としてご提案することも実は大得意なのです♡

 

 

 

お客様がデザイン画をお持ち込みの場合は、

線の角度やカーブの仕方もすでにお客様自身で

何度もお描きになってのラフスケッチ、

ということを大切にして

 

 

 

「できるだけそのお持ち込みになったデザイン画に忠実に」

作成図面=デザイン画にすることを心がけております。

 

 

強度面や仕様によって微調整を提案することはありますが
勝手に「作りやすい形」にしてしまう、ということは一切ありません

 

 

だって、自分もデザイナーですからわかる(笑)
線一本引くのにどれだけ時間がかかるか。

 

私は製作もデザインも販売も自分がお客様の場合も経験しておりますので
「その人の立場の目線」を持っております。

 

 

 

まずはお見積もりをご依頼されましたので仕様の確認をいたしました。

 

【お客様のご希望仕様】

・素材はK18イエローゴールド希望
・しずく型のオパールが実は少しかけて凸凹があり、上の尖ったところがやや薄くなっている
留め方の希望はないが、お勧めがあれば知りたい
・リボンとハチモチーフなのだがリボンはそんなに強調しなくていい
・本当はお花にしようかとおもったのだけれどちょっとバランスが合わなくてリボンにした
・ネックレスを通せる穴も欲しいのだけれど、基本はブローチとして使いたい
・希望額は20万円に近くしたい

 

 

そしてお持ち込みになったデザイン画がこちら。

image

 

かわゆいのです〜♡

そしてさすがデザイナー、作りに無理がありません。

 

 

 

このデザイン画に対してわたしがしたご提案をご紹介♡

 

【デザインについてのご提案】

ご希望としてはリボンはそんなに強調しなくていい、とのことでしたので

 

image

 

ハチがよりハチに見えるよう、ルビーを留める爪を
お尻の「針」をイメージした石留をご提案しました

 

image

 

ルビーをお客様は4点留めでお描きしていたのですが
3点留めにして気持ち大きくすることでよりハチらしさが増しますね♡

 

ハチの下を通るリボンも、ハチの針の下を通すようにすることで
デザインをよりスッキリさせて針と伝わりやすくなるというご提案をしました。

 

 

【留め方についてのご提案】

 

そしてオパールは裏が欠けているということでしたので、
蜂の羽を形はできるだけ変えずに角度を変え、
欠け部分を補強できる角度でご提案しました。

 

【仕様についてのご提案】

ブローチとしての使用がメインとのことでしたので、
服の生地を傷めないよう重くない作りを考えて提案しました。

 

 

ご希望額に近づける為に、わたしがすること、それは。

素材別のお見積もり。

A:ハチの本体も、ブローチピンも全て18金だったらこの価格

B:本体は18金でブローチピンが14金だったらこの価格

C:本体を10金、ブローチピンが14金だったらこの価格
(ブローチピンは10金での素材がない為)

 

 

のように

 

お客様が選べるよう、パターンでご提案します。

 

(その素材ごとのメリット・デメリットもお知らせいたします。)

 

 

 

わたしの価値を押し付けるのではなくて
お客様の価値観を優先したい、という理由で

 

手間はかかるのですがこういう方法でご提案しております。

 

 

 

お客様にどの組み合わせにするのかお選び頂き、
お見積もり額にご納得いただけたところで

 

 

いよいよ製作に入ってまいりますよ♡

 

「空枠編」につづきます(^^)

 

 

[profile]

 

 

[footer]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)