ピアスパーツをイヤリングパーツへのリフォーム/ラフスケッチデザイン画企画

先日Facebookで募集したこちらの企画

【誕生日投稿シェア感謝企画!
あなたに似合うジュエリーデザイン
ラフスケッチ無料でお描きします企画・2】

お描きしたデザインをHPでもご紹介していきます。

ご希望

お母様から受け継いだ、純金製で
直ピアスに通して使うパーツ。
ネックレスとペアでとても気に入って
いるのだけれど、自分はピアスが開いて
いないから身につけられない。

フープ型イヤリングに通して
着けられるような、イヤリングパーツ
にできないか。

ご提案

今のピアスパーツを加工せず
そのままK18のマルカンを通して
マルカンの口をロー付け(溶接)
すると、デザインが横を向いてしまう。

1度、マルカンを本体から外して
そのマルカンを90度向きを変えて
再度溶接し直し、そこに
フープに通せるような大きなマルカンを
通してろう付けすることで、デザインが
キチンと正面をむくようにすることができます

 

「もし」このデザインを実際に作ったら・・・?

今回のようなパーツ変更修理を
ご依頼いただいた場合、どのくらいで
できるのか、お見積もりをお出しして
みました。

ピアスパーツをイヤリングパーツへ変更加工
K18使用
マルカン大(イヤリングに通せるサイズ)*2
マルカン大の口を溶接加工*2
マルカン小を外して再度くっつける加工*2¥12,500(税抜)

 

*純金でも加工は可能ですが、
マルカンのK24が市販されていないため、
線を引いてマルカンに加工することになり
工賃が上がります。さらに、純金は柔らかいため、
変形しやすいのです。パーツは、K18にして強度を保つ事を
オススメします

 

通常もラフスケッチ・お見積もりまで無料

今回「あなたに似合うデザイン
無料でお描きします2」という企画で
この方はこんなデザインが似合いそう!と
私のイメージのみでご予算もお伺いせず
楽しく自由にお描きさせて頂いております。

通常は、こんな風にお描きする
デザイン画をご予算やご希望に
合わせて何枚でも提案していく
スタイル。

「ここが、こうなったらどうなる?」と
いったご希望をすぐに目の前でご覧頂けます。

デザイン画提案とお見積もりまで
無料でご覧いただけます。

しまい込まれたままのジュエリーを
今のあなたを惹きたてるデザインへと
蘇らせる私のラフスケッチ提案をぜひ
体験してみてくださいね!

 

ジュエリーオーダーの流れはこちら

ジュエリーデザイン打ち合わせのお申し込み・お問い合わせはこちらです