お手持ちのジュエリーをリデザインしたいとお考えの方へ、
お手持ちのジュエリー、K18ということは知っているけれど、、、
そもそもK18ってどういう金属だと思いますか?

そもそも金ってどうなってるの?

K24=純金

純金はK24(24金)とも言います。24karatsの略称として「K24」と表記します。
「karat」は、24分の幾つかを指す「金の品位(純度)」で比率の単位として使われています。
24/24金が含まれている、なので24金。
24金=純金。何も混じっていない純度100%の金です。
24金の色はまさに黄金色。金そのものの色を楽しめます。

ダイヤの「ct」カラットとは違う!
ちなみに宝石の単位、「carat」は、約0.2グラムを指す宝石の重さの単位です。
読み方近いのですが意味が異なりますので注意。

でも、市販されているジュエリーってK18(18金)がほとんど。
最近はK10(10金)のファッションジュエリーも多くなってきましたね。
金そのものの色を楽しめるのはK24なのになぜK18が主流なのでしょう?

K24(純金)は柔らかい!!

そうなのです。24金は柔らかいのです。私の祖母の結婚指輪も実は24金。
24金は柔らかいので、爪で石を留めても爪が緩んできてしまうので日常使用はちょっと難しい。
昔の結婚指輪はシンプルな輪っか状のものか、和彫りという「彫り模様」が
施されたものがあります。
それに対してK18は金以外の金属を配合して作る金属なので、「金属の強度」が増すのです。
「純粋な人は傷つきやすい」って人間みたいで面白いですよね。
ではK18についてお話しします。

K18(18金)とは

18/24金が含まれている、なので18金。
24金=純金で何も混じっていない純度100%の金だったのに対し、
18/24が金で残りの6/24、他の金属を配合したものがK18です。
24金の色はまさに黄金色で金そのものの色を楽しめたのに対し、
K18は配合した金属によって色が変わります。

K18ピンクゴールドとは

18/24が金で残りの6/24、他の金属を配合したものがK18。
ピンクゴールドは「cu=銅の割合」を多く配合した金属です。
新しい10円玉の色って綺麗なピンク色をしていますよね。
あの「銅」が多く含まれると、ピンク味が強い金属ができるのです。

K18ホワイトゴールドとは

18/24が金で残りの6/24、他の金属を配合したものがK18。
ホワイトゴールドは「銀やルテニウム、パラジウムといった白い金属」を多く配合した金属です。

K18イエローゴールドとは

18/24が金で残りの6/24、他の金属を配合したものがK18。
イエローゴールドはピンクゴールドに使われる銅やホワイトゴールドに使われる白い金属を
バランスよく配合した金属です。

K10とは?
10/24が金で残りの14/24、他の金属を配合したものがK10です。
金の含まれている割合よりも銅やその他の金属が含まれる率が大きいので、全体的にピンク味の強い
金属に仕上がります。配合されているものによっては「硬い」金属になりますので
細いデザインのものには向いている場合も。ただ、変色の可能性も高いです。

 

金属の配合は各社違う!

そうなのです。
純金は他の金属を混ぜないですが、K18には金以外の金属が配合されています。
そしてその「配合度合い」は各ブランドごとに異なっています。
有名ブランドであればあるほど、自社の金属の「配合」度合いは企業秘密。
K18の場合、18/24金が入っている、ということは各社変わりませんが、
残りの6/18何が入っているかは違うのです。

地金の配合を合わせる方法

K18を再利用する場合、各社配合が違うので、一旦
金を溶かして分析し、「純金」と「その他の金属」に分ける必要があるのです。
そしてその分析は一般の工房では難しい。なので専門業者さんに依頼します。
地金買取店に集まった金属は「分析」されてリユースされているということですね。

アンリガトウにお持ち込みいただける金属

アンリガトウでリデザインをご依頼される場合、基本的には
お手持ちのジュエリーのリデザインをご依頼いただいた後、工房で石を外して
空枠となったジュエリーを先にお戻しし、
ご自身で地金買取店へお持ち込みをお願いしております。

アンリガトウで地金をお持込使用できる場合

金属バー

造幣局の金性刻印(K18やK24等)がある金属バーはお持ち込み地金として利用可能です。

使用している金属をそのままデザインの一部として使う場合

今石が留まっている「石座」やデザインの一部を「そのまま」生かして新たなデザインへと
リモデルすることが可能です。

お得なリデザインの裏技!

例えば、K24のリングとブルーサファイアがついたネックレスをお持ちだった場合、
K24のリングをカットし、そこへブルーサファイアの石座だけを作ってはめ込むことが可能です。


これだったらお手軽&お手頃にリフォームが可能ですね!
アンリガトウではお手持ちの使っていないジュエリーの
リデザインを行っております。
ラフスケッチ・お見積もりまで無料でお承りしておりますので
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ

[footer]