受け継いだ古いジュエリーで、
このままだと使いにくいなー、
でも形を大きく変えたくはないし、と
しまわれたままになっているものは
ありませんか?

そんな方に向けての
ジュエリープチリフォーム事例に協力して
くださる方を募集しました。

リング2本を使って帯留めデザイン

 

前回ご提案したプチリフォームはこちら。
この中から帯留めにご興味を
お持ちいただきました。

 

帯に引っかからないかちょっと心配^^

とコメントいただきましたので
引っかからないような形状の
帯留めパーツ部分をご提案
したのがこちら。

そしてもう一つ、金具部分だけでなく
1からフルオーダーで帯留を作った
場合の案としてデザイン画をお描きしてみました。

 

お名前モチーフ帯留デザイン

リングのメインとして
使われるサイズの石が2つ。

帯留めのデザインなので
正統派なもの。
左右対称に近しい印象の方が
いいかな?

ご依頼者のお名前が
ディーナ(DENA)さん。

そこでこんなデザインをしてみました。

 

大きな石をセンターに。
左側に色石を、右側には
左側の石の大きさと同じ
大きさで石を摸したものを
置きました。

実はこれ、お名前が隠れているのです。

左の色石部分でアルファベット小文字のd
真ん中の石と左下の金属で小文字のi
i部分と、その金属を右側に伸ばしてN
右側の金属部分と上側の線で
小文字のaをひっくり返したイメージのa

diNaでディーナ。
ご依頼者様のお名前アルファベットを
帯留めにデザインしてみました。

 

aに使っている右側の○部分は
リフォーム前の石を集めて
石畳のように石留する
パヴェセッティングにしても
いいですし、

シンプルにつや消しでも素敵。

はたまた、パヴェの石留め部分を
K18のような色のついた金属を
つかって石のように見せても
いいですね!

こちらのデザインは、
シルバー925で製作したとすると
約90,000yen前後〜

K10で製作したとすると
140,000yen前後〜

K18で製作したとすると
170,000yen前後〜

が目安となります。

*石の大きさにより大きさが
変わりますのでお値段変動します

石が入っていたリングは
石を外してお返ししますので
地金買取店等にお持ち込み頂き
リフォーム代に充てると
実際にはもっとお手頃にできますね!

 

プチリフォームご相談もお気軽にどうぞ!

実際にリングを拝見して
もっといいご提案ができる場合も
あります。ここ使えますね!とか
このメレダイヤここに使いましょう!
などなど。

リフォームご相談・お見積もりは
無料で随時行っておりますので
このリングだったらどうなる?等の
ご相談はお気軽にどうぞ!
お打ち合わせは東京都内でしたら
基本対面で行わせていただいております

ご遠方の方や外出が難しい場合は
zoom、スカイプ等での
ご相談も可能です。

オーダー・リフォームの流れはこちら

お打ち合わせ申し込み・お問い合わせはこちらから

オーダー打ち合わせが可能なスケジュールはこちら