赤毛のアンの世界がジュエリーに!

赤毛のアンに出てくる美しく
輝く湖。その湖のまわりに
咲き誇る花々の描写から
イメージした「輝く湖水」
リングです。

輝く湖水

赤毛のアンの作者・モンゴメリの文章はこちら。

 the water was a glory of many shifting hues—the most spiritual shadings of crocus and rose and ethereal green, with other elusive tintings for which no name has ever been found. Above the bridge the pond ran up into fringing groves of fir and maple and lay all darkly translucent in their wavering shadows. Here and there a wild plum leaned out from the bank like a white-clad girl tip-toeing to her own reflection

Title: Anne of Green Gables Author: Lucy Maud Montgomery

 

私の訳はこちら

「湖の水は華やかにに移り変わる色に染まっていた。
クロッカスやバラや絶え間なく移り変わる緑が
印象深い陰影を映し出し、なんとも言えない
色とりどりの色が水面に見え隠れしていた。

橋の上流に生い茂るモミやカエデの木々は
水面に半透明の影を落とし、野生のプラムが枝を
みなもにさしかける様子は、
爪先立って池を覗き込む
白い服をきた女の子を思わせた。」

©ORie Tanaka

 

アンがマシュウと一緒にみた
「輝く湖水」
この描写をモチーフにして
デザインしたジュエリーです。

 

デザイン詳細

上面は、「輝く湖水」のきらめきそのものを
楽しんでいただくためにシンプルに。
吸い込まれそうな輝きが美しい、
コンケーブカットの石をセンターストーンに
留めました。石そのものの
輝きを楽しめるよう、上面はシンプルに。

 

サイドビューは、訳の描写をもとに
クロッカスやバラ・プラムの木を
イメージしてデザイン。

バラも、プリンスエドワード島だと
オールドローズのようなバラのほうが
アンのイメージ。

すももの花は白なので
木々についたつぼみを
イメージしてダイヤを留めました。

クロッカスはいろんな色がある
花なのです。黄色や白、紫。
どの花にしようか迷ったのですが
リングの金属がK18なので
色味が引き立つ紫のアメジストを
選びました。

指の上に、「輝く湖水」が現れるジュエリー。
サイズはご自身のぴったりサイズでお作りします。

そしてこのリング、実はいろんなところに
オプションを追加可能。
世界に1つの「輝く湖水」を
お作りいただくこともできるのです。

ぜひご自身の指上にきらめく
輝く湖水リングをお試しくださいませ。